土佐派ネットワークス 最新のお知らせ

プロフィール

土佐派ネットワークス

Author:土佐派ネットワークス
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



最新コメント



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最新コメント



7月26日 家づくり勉強会を開きました。

土佐派の家ネットワークス家づくり勉強会
第9回は 7月26日午後6時~開催。

今回は
山本和夫氏(セト青柳工芸)を講師に迎え
オーダーメイドの家具づくり
~家具と拘り半世紀~
というテーマで話をしてもらいました。

まずは、日本の家具の歩みから
家具に使う木材の話
家具のデザインを設計する中で
とても重要となる「蝶番の話」などについて説明。

b 9 02


ホワイトボードと
1m70cmほどの木の棒を使って
ラフスケッチの描き方も
披露してくれました。

b 9 03
(こんな大きなラフスケッチは描いたのは初めてだったとか、、、。)


家具はできるだけ目立たない方がよい
という自論をお持ちの山本さん。

「間仕切りを兼ねた収納家具であれば
 目立たず
 ニーズに合わせた空間づくりができるので
 建築工事なしで模様替えが可能です。」とのこと。

例えば、子供部屋。
子供が小さい時は、収納家具で仕切り、
大きくなったら、家具を壁際に配置すれば
部屋を違う用途で使えます。
壁で仕切ってしまうと
そうした融通性はきかなくなってしまいますよね、、、。


また、今回講師の山本さんのご自宅は
山本長水さん設計の
「土佐派の家」ということで
その辺りについてもお話していただきました。

「増改築を2回重ねながら
 土佐派の家で暮らし、37年になります。
 家具によって家の雰囲気は違ってくるものですが
 「土佐派の家」の場合は
 杉やナラなど家具の材質やデザインが
 違っても、家の雰囲気に溶け込みますね。」



家具づくりについて
いろいろ、お話していただき
1時間ほどの講義は
あっという間に終了、、、。


ご参加いただいた皆様、講師の山本さま
どうもありがとうございました。

b 9 01





-------------------

今回の勉強会を振り返って、、、。

山本さんの格言のなかで
「整理ができない人ほど、そのスペースを求める」
おっしゃってましたが、
整理整頓が苦手な私としては
とても耳の痛い言葉


ちょっとしたスペースに
カラーボックスを置いたり
収納ボックスを重ねたりしてますが
それで整理できているのか、、、となると
ちょっと疑問です。


使いたいものが
使いやすい位置で
すぐ取り出せる、、、
時間も手間も大いに省ける収納づくりは
住まいづくりにはとても重要なポイント。

永く快適に暮らすためには
自分の暮らしに合わせた
家具をオーダーする事は
とても必要な事だと
改めて感じました